「ほっ」と。キャンペーン
タグ:Contax Aria ( 3 ) タグの人気記事
春の嵐
d0123103_7471191.jpg
Shinobazu Pond, Tokyo (Apr.1998)
Contax Aria, Vario-Sonner 28-70mm 1:3.5-4.5

by k7003 | 2016-02-14 07:11 | 東京/Tokyo
ボケ味を英語で boke という

英語の辞書にちゃんと載っている日本語由来の言葉は、tsunami, sayonara, sukiyaki, ijime 等々ありますが、boke も50年前から英語になっています。
boke = ボケ」とは、レンズ収差の問題なのですが、
焦点が合っていない部分がボヤけて写るあの現象です。
これをフォトグラファは醜い歪みとして捉えないで、美の表現に積極的に活用するのです。

本来の英語があるでしょうに、なぜあなた方は日本語の「ボケ」を使うの?と、
ある日、京都北山の植物園でボクはオーストラリアの写真家 Alastair Firkin にたずねたことがあります。
意外な答でした。

ブレを美しいものと捉えたのは西洋人ですが、
ボケを美しいものと捉えたのは
日本のアマチュア写真家たちです、と。


これに関係あるように思いますが、レンズの「明るさ」のおかげで「開放でのいいボケ味」を得られると期待する日本人とちがって、
欧米では、レンズの「スピード」という言葉で捉えて、
解放F値が少ないレンズでシャッタースピードが稼げると期待するのです。
もちろんある程度のレベル以上のフォトグラファーは、そういうこととは無縁ですけれど。

さて、この "boke" を徹底的に解説しているサイトをご紹介します。
ここをクリックしてください。

ここでは詳しく書きませんが、
最近ますます小型化してくるデジタルカメラのどうしても克服できない大欠陥の一つが
この「ボケ」が美しく出せないという問題です。
コストとかレンズの質の問題ではなくて構造上短い焦点距離しか取れないことに起因します。

NK自身のボケ活用例を3点:
d0123103_9134657.jpg
Syushinkan Restaurant, Kobe (2003), Pentax ist-D, Pentax-DA 16-45mm 1:4

d0123103_9141932.jpg
Hokongo-in Temple, Kyoto (1998), Contax Aria, Vario-Sonnar 28-70mm 1:3.5-4.5

by k7003 | 2015-08-06 05:50 | フォトアート/PhotoArt
蓮(1998年撮影)
d0123103_9141932.jpg
Hokongo-in Temple, Kyoto (1998), Contax Aria, Vario-Sonnar 28-70mm 1:3.5-4.5

Contax の MMレンズを NEX-5 に付けて再び楽しもうとしている昨今、10年以上昔の Zeiss T* による写真を見直していました。
これはとりわけ思い出深く、素晴らしい写友フルキミさんとのご縁を繋いでくれた意味でも、忘れられないものです。

==>昔の蓮ショットを FC2 ブログで、よろしければご覧ください。
by k7003 | 2011-07-20 07:58 | 京都/Kyoto