<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
落日の池面に憩う
d0123103_358157.jpg
Bandai-ike Pond, Osaka (Mar.2009), Olympus E-620, Zuiko 40-150mm 1:4-5.6

ボクはカメラにせよ、ケータイにせよ、PCにせよ、使用説明書というものをいっさい読まないヒトなんです。箱から出すことすらしません。総じて、「取り説」でまともな文章にお目にかかったことがないからです。一般的にはユーザーを心地よくさせてくれるアップルでさえ、日本語に訳された撮り説のクオリティは最悪です。

で、ポップアート、ファンタジックフォーカス、ラフモノクローム、トイフォトといった、Olympus のアートフィルタは、E-30 の時から直感的にその仕組みに納得して使っていましたが、今回、E-620 でその機能を使っていて、ふと、これらのフィルター選択の一層深いところに「シーンモード」という選択肢があることを、偶然知りました。E-30 にもあったかしら?とは思うものの、30 はもう手元にありませんが、これ、実験してみようと思い立って、夕暮れの池面を「夕日モード」で撮ってみました。

もちろん、こういったフィルター類を使うときは、結果に落胆した際の保険として、RAW でも同時記録しておくのは言うまでもありません。デジタルのありがたいところです。

で、結果は:・・・
大満足です。(^.^)
これなら、ハイキー、ネイチャーマクロ?、打ち上げ花火?といったシーンモードも、ためしてみたくなりました。

色温度を触る、後処理で色調をいじる云々といった手法ではできない、あるいは、できにくいことを、しっかりやってくれる、さすがオリンパス!のすばらしいテクノロジーなのです。(*^^)v

全体に夕焼け色を強調しているだけのようですが、ちがいますねぇ、水鳥の羽根の色がきちんと保持されているのです。(@_@)

肉眼でも定かでない薄明りの中で 300mm相当の望遠を、手持ち1/24秒で撮らせてくれることともあいまって、デジタルばんざーいの一夕でした。(*^^)v
by k7003 | 2009-03-27 03:58 | *万代池
倉敷・春の造形
d0123103_8153011.jpg
d0123103_8154885.jpg
d0123103_8162355.jpg
d0123103_8164945.jpg
d0123103_817445.jpg
d0123103_8225462.jpg
d0123103_8174932.jpg
d0123103_8181287.jpg
d0123103_8233380.jpg
d0123103_8193793.jpg
d0123103_82083.jpg
d0123103_8203164.jpg
Kurashiki, Okayama (Mar.2009), Canon EOS 50D, EF 24-105mm 1:4 L IS USM
↑写真をクリックすると、大サイズに展開します。

***NK's PhotoArchive /FC2 での、KURASFIKI/倉敷」関連フォトへのリンクはここをクリックして下さい。
by k7003 | 2009-03-22 07:31 | 倉敷/Kurashiki
枝垂れ桜(名古屋・香積院)
d0123103_6272379.jpg
Kohjakuin Temple, Nagoya (Mar.2009), Canon EOS 50D, EF 24-105mm 1:4 L IS USM
by k7003 | 2009-03-21 06:29 | 愛知/Aichi
石段
d0123103_4103882.jpg
d0123103_4102256.jpg
RopeWay station, Kobe (Mar.2009), Canon EOS 50D, EF 24-105mm 1:4 L IS USM
by k7003 | 2009-03-20 04:10 | 神戸/Kobe
廃屋
2月24日、復帰第一発ということで、GX200 で撮った「廃屋」をアップしたのでしたが、昨日発売の同じくリコーの CX1 の試写に、定点撮影してみました。

d0123103_106844.jpg
(Feb.2009), Ricoh GX200, 24-72mm equiv. 1:2.5-4.4

d0123103_19155757.jpg
(Mar.2009), Ricoh CX1, 28-200mm equiv. 1:3.3-5.2

天候がやや違うのもありますが、やや GX200 の方が雰囲気が出ていると思います。
ただ、GX200 は RAWで撮って SilkyPix で好きなように現像していますが、CX1 はメディア・カードに保存する前に、本体内メモリーで複数枚重ねたり、いろいろ新機軸の技を使ってダイナミックレンジをあげたり、色合いを調整したりするようで、RAW 現像で自在にユーザーが扱えない、あるいは、扱う必要がないような JPEG 原板のみということもありそうです。まだ、十分理解できていません。なにしろ、初日のテスト撮りですので。今後追い込んでいきます。面白そうな新機軸です。
by k7003 | 2009-03-14 08:42 | 大阪/Osaka
鳥の寿命は?
一昨日アップの白鳥ですが、じつは、10数年前に撮った同じ池のほとりで撮ったのでしたが、釣り糸を垂れていたおばあさんに、この白鳥はずうっとここにいるのでしょうかね、昔撮ったのとボクには全く同じ白鳥のように見えるのですが・・・と話しかけると、そのおばあさんが、う~ん、たぶんそうかもですねぇ、私もここ5年ほどいつもここで釣っていますが、ずっといましたよ、と。

どうねんでしょう? 花とか小鳥とかについての知識が皆無に近い NK ですので、どなたか、たすけてくだされ。((+_+))

これが1997年の白鳥です。えっ、アヒルなんですか?(その程度のこともわからぬ NK ですぅ)。(-_-メ)
d0123103_1949363.jpg
Bandai Pond, Osaka (1997), Leica R8, Vario-Elmar 80-200mm 1:4
by k7003 | 2009-03-09 19:51 | 大阪/Osaka
幕末の神戸大桟橋
・・・てなわけないだろ(=^・・^=)
KM さんに教えられた「幕末古写真ジェネレータ」で遊んでみました。

d0123103_6262887.jpg

使用写真機:Kwannon光機特製
by k7003 | 2009-03-06 02:24 | *ハーバーランド
結界
d0123103_8412180.jpg
d0123103_8411656.jpg
Osaka (Feb.2009), Ricoh GX200, 24-72mm equiv. 1:2.5-4.4

ブログというものは一般に、日記風の経時的記述を原則とするものであって、いわゆる本館サイトをきちんと整えながら「脇で」新作をとりあえずブログで公開していくという機能を持つものかもしれません。

ただ、ボクは、ネットでの写真活動としての本館サイト運営を、いろんな思いで、事実上停止していることがひとつ、それと、もとより、展覧会や写真誌、コンテストといった写真発表メディアへの意欲を持たないここ数十年ですので、「ブログひとすじ」なのです。

となると、いったんブログで発表してしまえば、次の新作品に地位を明け渡してしまい、自らは過去作として静かに引退するという仕組みに耐えられないのです。もちろん、心得ています:それは自分だけの思いであって、訪問してくださる人には過去作なんてどうでもいいことであって・・・、でしょうか? たとえば、ボクは、他の人のブログをそのように見ているでしょうか? 否、です。 あ、写真ブログに限っての話ではありますけれども。

ですから:
すでにこのブログに出した写真を差し替えたり、組み写真の構成を変えたり、記事そのものを削除したり・・・といったことを、ブログの掟に反することとは、どうしても認めたくないのです。

人間、過去を変える、抹殺することができないのは承知していますが、過去を考えなおす、新しい価値観で世に見せるファサードを整え直すということは、神に逆らうワザとは思えません。

って、たいそうなことを、夜明け前に起きだして書き連ねているのは:
昨日アップした時からあのタイトル「捨てられて」が落ち着き悪く、いや~な感じだったのですが、Hologonさんと鍵コメさんのコメントに教えられて、うん、こう変えよう!と夢か幻かわからぬ丑三つ時に決意し、PCに灯を入れたのでした。
つまり、昨日アップのこの項、 「結界」とタイトルを変えます

これで安心して朝の2度寝に戻れます。
以上。(^_-)-☆
by k7003 | 2009-03-04 08:40 | 大阪/Osaka