「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:芸術/Art( 6 )
ミュージシャンとのコラボ♪
Dj gami.Kという新進気鋭のミュージシャンからメールが舞い込んだのは、7年ほど前のある日でした。

坂本 龍一に認められての出世作アルバムの、昔でいえばジャケットデザインとして、ボクの写真を使わせてほしいという依頼でした。

↓↓下の写真です。
10年あまり前に、播州の片田舎の壊れた廃屋の壁を撮ったものでした。
d0123103_18165875.jpg

その彼から、再度メールが舞い込んできました。
↓↓下の写真を次のアルバムに使わせてくれないか、という依頼です。
20年ほど昔、たしか京都・南禅寺の裏庭で、ハッセルで撮った「緑の紅葉(漢字で書くと矛盾しますね)」です。
d0123103_17562588.jpg

*****
それが昨年夏、下記のところにアップされ、海外の iTunes から配信されたのでした。
http://wacreans.web.fc2.com/gami.k_create.html
by k7003 | 2015-07-05 05:51 | 芸術/Art
音楽と写真のコラボレーション♪♪
坂本龍一オーディションでノミネートアーティストに選ばれ、『RADIO SAKAMOTO』 Podcast /iPod で楽曲が世界発信中の新進アーティスト
DJ gami.K のアルバム "Wa Creans" で、
ボクのフォトが、みごとにコラボして、最近リリースされました。

撮った自分では予想もしなかった形で生命を与えられ、躍動する姿を見て、感動しています。
使われている作品は、これ↓↓です。
d0123103_203151.jpg
Katsuhara, Himeji, Hyogo (2008), Nikon D60, AF-S Nikkor 55-200mm 1:4-5.6 G ED VR

このブログでは音楽・映像の貼り付けはできませんので、下の URL をクリックして、ご視聴くだされば幸いです。

http://monstar.fm/dj_gami_k

**********
翌年、次のアルバムにもボクの写真を使いたいということで==>ココをクリックして下さい。
by k7003 | 2015-06-14 04:35 | 芸術/Art
This Is It



ニューヨークから帰ってすぐ、神戸で、マイケル・ジャクソンの THIS IS IT を見た。
立ち直れないほどの衝撃を受けた。

感動の嵐に身をもがきながら、終映後のトイレに入った。
隣で並んで小用をたしている2人の若者がいた。
声高の会話:---

「いやぁ、すごい芸人だね、歌も踊りも一流。見直したよ。」
「あれほどのセレブになると、さすがだね、環境問題に配慮しての発言をちょっとはさんだりしていてさ。」

ケツを蹴りあげてやろうかと思った。
若いんだろ、お前ら。いつから、そんなアホウなオッサンになりはてたんだよ~。

d0123103_11133561.jpg
The 42nd street, Manhattan, NYC, NY, USA (Sept.2009), Nikon D90, Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR DiII VC

by k7003 | 2015-06-04 17:41 | 芸術/Art
ボクのフェルメール
d0123103_23432239.jpg
Los Angeles, CA, USA (Sept.2005)
Sony DSC-H1, Carl Zeiss 6-72mm 1:2.8-3.7

これ、フェルメールそのものの資料としては、価値ゼロであって、
フェルメールとカリフォルニアを旅行中のボクとの関わりを記しているに過ぎないからです。

フェルメールの名作として世界中に知られる「真珠の首飾りの少女」です。
これほどの名画は、やはり本場の美術館で鑑賞するものだという考え方もあり、
ある程度ボクもそう思わないこともない程度にそう思いますが、オランダに行ったことのないボクは、
マウリッツハイス美術館のどのような壁にどのようなサイズでどのような高さでどのような光の中で、
この少女が250年間絶妙の角度で顔を傾けてきたのか、知る由もありません。

知らなくてもいいのだと、納得しています。
朝の光が差し込むロスアンジェルスのホテル・ロビーのエスカレータ脇で、
顔を傾けてボクを見つめていたこの少女こそが、ボクのフェルメールなのですから。

日本の美術館で「立ち止まらないで下さい」と怒鳴られながら見るフェルメールとちがって、
納得いくまでじっくり静かに鑑賞できるアメリカの各地で、
何度も、じっくり対面した思い出のあるフェルメールですが、
自分もそうしたいとお考えの人に:
「フェルメール」では絶対に通じません。「ヴァーマー」です。
「サルトル」でなく「サーター」みたいに。
「ペテロ」も「ピエトロ」も、「ピーター」になってしまうように。

(追記)2014/08/24
写友 Pretty-Bacchus さんが、とても丁寧にフェルメールとの思い出を、そのブログで整理していらっしゃいます。ご案内させて頂きます。

2015/03/12
上記 Pretty-Bacchus さんが過去のフェルメール関係記事を、
見事にまとめて読ませてくださいますので、皆様、どうぞそちらへ。


ついでながら、
いろんな不都合でこのExcite Blog を何度利用停止しても
やはりまた戻ってくる最大の理由は、
ここでしか親密につながっておれないこの Pretty-Bacchus さんと、
あと、Yoshi-A さんと、Scottts さんと、のんたん さんと、ritomoさんの存在なのです。
(^_^)v

by k7003 | 2015-03-13 16:52 | 芸術/Art
下町のアーティスト
どう添削しようにもこれ以外にない。完璧な構図と配色。
裏町には底なしに立派なアーティストがいっぱいいる。
ミラノでもNYでも、そう思っていたけれど。

思えば、この辺り、
世界の安藤忠雄が、若き頃、住吉の長屋を構想した土地柄なんだ。
(^o^)

d0123103_6491941.jpg
Sumiyoshi, Osaka (June 2012)
Nikon D3200, AF-S DX Nikkor 18-55mm (28-80mm equiv.), 1:3.5-5.6 G VR

↑写真クリックで拡大表示します。

by k7003 | 2014-06-13 05:44 | 芸術/Art
アートいっぱいの不思議なビルヂング
d0123103_18481581.jpg
d0123103_1715740.jpg
d0123103_1731037.jpg
d0123103_1734320.jpg
d0123103_1741252.jpg
Tenjinbashi, Osaka (Feb.2012), Canon EOS 7D, EF-s 15-85mm (24-135mm equiv.) F3.5-5.6 IS USM

(参考):フジハラビル
by k7003 | 2012-02-06 17:04 | 芸術/Art