オタク発祥の地 (撮影:2008年12月)
キヤノンの純正広角ズームをゲットした。(^^)/
3年前の年の暮れに X2 につけて、しばらく使っていたレンズだ。(^_-)

**********(以下2008年当時のキャプション)

大阪の日本橋。行政が「でんでんタウン」などとおどけた名前を付けても、誰一人としてその名で呼ぶことのない、「にほんばしの電気屋通り」。

ここはかつては電気少年たちのディズニーランドだった。
オタクという言葉が生まれたのは、ここだ。
基板屋の狭い店先で、部品取りの基板をひっくり返しながら、子供のくせに大人相手に「オタクね、これ使ったことあります? どうです、W12X との相性?」などと、相手の顔も見ないで話し込んでいた、そこからオタクという表現が。ひょっとしたら秋葉だったかもしれないが、はっきりここ日本橋でも聞きなれていた(言いなれていた、とも)。(*^^)v

秋葉のような華麗なる変身を遂げることもなく、ヨドバシの大攻勢の前にあえなくダウンしてしまった、かに見える。
だが・・・・

大阪人は、そう簡単にへこたれない。どっこい生きてまっせ。阪神タイガースといっしょや。
イケメンにいさんや、変装ねえちゃんや、マンガ好き総理などに、決して見破られないド根性を、静々と蓄えて、生き続けていきまっせ、ワテらは。がははははは。(^O^)/
にいちゃん、こうていきいや、靴一足500円や。おおきに、ほなこれ。ええ?片一方やんか。よう見てや、にいちゃん、一足と書いてあるやろ、足一本分で500円いうことや、両方いるか?ほな1000円おいてき、ま、ええわ、800円にまけたる。かなわんなぁ、おっさん、ほな、これ、700円置いとくで。まいどおおきに。・・・・というようなやりとりが今は幻想でしかないけれど、現実であってもサマニナル、そんな町だ。

d0123103_1944232.jpg
d0123103_5252068.jpg
d0123103_1961869.jpg
d0123103_5262697.jpg
d0123103_1965251.jpg
d0123103_197867.jpg
d0123103_531264.jpg
d0123103_1975472.jpg
d0123103_5303513.jpg
d0123103_1983087.jpg
Namba-Nihonbashi, Osaka (Dec.2008), Canon EOS Kiss-X2, EFS 10-22mm 1:3.5-4.5 USM
by k7003 | 2011-12-05 18:56 | *みなみ
<< パリ・冬の憂愁 (撮影:200... 寒い夕暮れ >>