トラウマ
なんとしたことか、ま、ご覧頂く皆様には、まったくどうでもいいことですから、あえて、再アップしないでおこうかとも思ったのですが、、、、
2年前の事故は、5月30日でなく、6月30日なのでした。
時系列無視のブログ故、今まで過去の記事を月毎整理しないできたのですが、ちょっと自分で読み返す必要があって、表示することにして、気付いたのです。

*****(以下は、2012/05/31 に間違ったままアップした記事です。)(-_-)

2010/05/31のあの悪夢の日以来、ボクはもう2度と花の寺へは行かない、紫陽花にレンズは向けないと、堅く決めてきた。ダジャレめくが、足(車)を奪われて行こうにも行けない山奥という意味も多少はある。あんなに四季折々に訪れていた奈良の花の寺には、金輪際行かない2年間であったが、大好きな紫陽花だけは、、、でも、いやいや、撮るまいぞと、2回の梅雨を経てきた。
トラウマというのだろう。その間、虎と馬に獅子(ライオン)が加わって、基本、くら〜いクラちゃんになってしまっていた。獅子は、もちろん、リンゴの園からやってきたのだった。

だが、(^^)/

得がたい写友とのおしゃべりにケータイしながら、ふと、迷い込んだ、賑わうビジネス街船場の小さな神社の鉢植えに、トラウマを一挙にぶっ飛ばす美しい顔の紫陽花が、ボクを迎えてくれたのだ。

(^^)/

明日からは、この季節の美しい紫陽花にレンズを向けるぞ。

ソニーのRAWは、64ビットでは扱えないから32ビットで立ち上げ直せとかなんとか、まだ、獅子がほざくリンゴの園だが、それならそれでいい、他の方法で、紫陽花をRAWでしっかり色出しするぜ。(-_-)

(このエントリー、恥ずかしながらの私情メンメンですので、コメント謝絶に致します。)

d0123103_23393129.jpg
Senba, Osaka (May 2012), Sony NEX-5N, E 16mm (24mm equiv.), F2.8
by k7003 | 2012-06-13 10:39 | 大阪/Osaka
<< 朝礼 美の脇役たち >>